膵臓癌とは?

膵臓癌は消化器系の癌のなかでも治りにくく、難治癌といわれています。膵臓癌は初期段階の癌では、ほとんど自覚症状がないことが、その原因です。具合が悪くなるなど病状が現れた段階では、かなり病気が進行していることが大半で、 転移の可能性もとても高い癌です。

芸能人も多数利用、TVで紹介された人間ドック
『主治医が見つかる診療所』で紹介。半日コース、ホテル食事宿泊付プラン、レディースドックなども。
血液検査自宅で簡単にガン検査『血液検査キット』
厚生労働省から承認済。指先から少量の採血で、癌や生活習慣病、感染症などの検査が可能。
人間ドックなら横浜健保センター
およそ半日で検査結果が出て医師の面談まで終了するプランが人気。
人間ドックなら金内メディカルクリニック
脳ドック・日帰りドック・一泊ドック・生活習慣病健診など。東京都新宿区

膵臓癌について

膵臓(すい臓)は胃と十二指腸にかこまれていて、胃の背中側に位置している臓器です。膵臓には2つの働きがあります。消化酵素を含んでいる膵液を作り出し、 膵液を十二指腸へと送って食べ物を消化する働きと、 インスリンを作り、血糖を下げて血糖値を調節する働きです。

膵臓の機能が低下し、インスリンが不足すると糖尿病になる危険性があります。膵臓の病気には、膵臓に炎症がおきる急性膵炎や慢性膵炎がありますが、 一番危惧しなければいけない病気は、膵臓癌です。膵臓癌は、ほとんどの場合が膵管から発症し、その割合は全体の90%になります。

膵臓癌は消化器系の癌のなかでも治りにくく、難治癌といわれています。膵臓癌は初期段階の癌では、ほとんど自覚症状がないことが、その原因です。

具合が悪くなるなど病状が現れた段階では、かなり病気が進行していることが大半で、 転移の可能性もとても高い癌です。

また、膵臓の位置も関係してきます。膵臓は胃の後ろ側に奥深く隠れるように横たわっているため、 癌の早期発見と外科手術が難しくなっています。

仮に手術で切除に成功したとしても、再発のリスクが高いことも膵臓癌の特徴です。膵臓癌は初期症状がほとんどないため、 手術をする段階になることには、かなり進行しており、 すでにほかの膵臓周囲の組織に転移している可能性があるからです。

膵臓の周囲の臓器は、たいへん複雑な構成になっているため、 癌をキレイに切除しきるのは難しく、再発のリスクが高くなっています。

膵臓癌イメージ

膵臓癌の原因

膵臓癌(すい臓がん)の原因は、医学的にみて決定的なものはないと言われています。しかし、実際に膵臓癌の患者の生活習慣、年齢、性別などを統計した結果、 いくつかの点で膵臓癌との因果関係があることが分っています。

まず大きなポイントとして喫煙があります。他の癌と同様、発癌性物質であるタバコを吸うことは、膵臓癌の主な原因となっています。

また、飲酒にも気をつけたほうがいいとされています。人よりも多く飲酒をすることは、膵臓への負担も大きくなります。過剰な飲酒は膵炎の原因ともなり、膵臓癌へと発展する可能性があります。

食生活の欧米化による、肉食、高脂肪の食事が膵臓癌へとつながる場合もあります。野菜をまったく食べないなど栄養のバランスの悪い偏った食事も、 免疫力の低下をまねき、膵臓癌への要因になります。このような食生活は糖尿病になる確率も高まります。糖尿病もまた、膵臓癌への危険因子であり、注意が必要です。

慢性膵炎が膵臓癌に移行するケースもあります。慢性膵炎は膵臓が疲弊しやすい状態になり、膵臓癌が発症する原因にもなります。

身内に癌患者がいる、遺伝的要因も否定できません。統計的にみて、癌家系というのがあるのは事実です。自分と近い親族に癌患者がいる場合は、注意することに越したことはありません。

以上のような条件以外にも、加齢による発病があります。誰もが40歳を過ぎれば、癌になるリスクが高まると思ってください。

芸能人も多数利用、TVで紹介された人間ドック
『主治医が見つかる診療所』で紹介。半日コース、ホテル食事宿泊付プラン、レディースドックなども。
血液検査自宅で簡単にガン検査『血液検査キット』
厚生労働省から承認済。指先から少量の採血で、癌や生活習慣病、感染症などの検査が可能。
人間ドックなら横浜健保センター
およそ半日で検査結果が出て医師の面談まで終了するプランが人気。
人間ドックなら金内メディカルクリニック
脳ドック・日帰りドック・一泊ドック・生活習慣病健診など。東京都新宿区

膵臓癌の遺伝

癌ときいて、1番気になるポイントとして遺伝があります。身内に癌患者がいる場合は、特に気がかりな事柄だと思います。

膵臓癌の原因として、喫煙や飲酒、栄養バランスの偏った食事があります。糖尿病や膵炎も膵臓癌の原因とされています。ですが、遺伝的要素も統計学的にみて、否定することはできません。

癌の原因に、遺伝因子というものがあります。血縁関係者に癌患者が多い場合は、 自身も癌患者になるリスクが高くなると思っていいでしょう。

膵臓癌患者のうち4%〜8%は家族の中に膵臓癌患者がいるとされています。家族の中に膵臓癌患者がいる人は、家族の中に膵臓癌患者がいない人と比べてみて、 膵臓癌への危険性が13倍もあります。遺伝性の膵炎、大腸ポリープ、家族性乳癌などの遺伝疾患では、 膵臓癌の発症が高いことも知られています。

膵臓癌は早期発見がとても難しい癌といわれています。膵臓が胃の後ろ側に隠れるようにあるため、なかなか診断が難しいことと、 膵臓癌の初期症状がほとんどないことによります。病状がでたときには、かなり進行している可能性があります。

家族に膵臓癌患者がいるということは、常に膵臓癌への意識を持てるということです。早期発見が可能な検診も、意欲的に受けることができます。血液検査や尿検査のアミラーゼによって、膵臓の良し悪しを調べることができます。手軽に調べることができるので、癌遺伝の家系のかたは、 定期的に受けてみてはいかがでしょうか。

膵臓癌の予防

膵臓癌(すい臓がん)の予防には2つの方法があります。まず1つ目は、膵臓癌にならないように気を配ることです。2つ目は、膵臓癌を早期で発見できるように、定期的に検査を受けることです。

膵臓癌にならないためには、どんなことが必要でしょうか? 膵臓癌になる原因を、すべてやめたり、頻度を下げるように注意することが必要です。

膵臓癌だけでなく、すべての癌、健康にとってよくないとされている タバコを吸わないようにしましょう。自身がタバコを吸わなくても、喫煙している人の近くにいては、意味がありません。周囲にタバコの煙がない環境を作りましょう。

栄養バランスのとれた食生活をするように心がけましょう。きのこ類や野菜、果物を食べることにより、免疫力が高まります。抗酸化物質を摂ることも重要です。また、お酒やコーヒーを飲みすぎないようにしましょう。免疫力を高めることは、膵臓癌だけでなく、すべての病気の対策につながります。

同じく免疫力を高める効果として、充分な睡眠をとり、 ストレスをためないようにしましょう。疲労と心のバランスの狂いは、不規則な生活習慣を招きます。

2つ目のポイントですが、膵臓癌は早期発見が難しい癌といわれています。自覚症状があらわれたころには、すでに癌がかなり進行している状態です。

このような状態では、癌の転移や再発などの危険が高くなっています。膵臓癌では早期発見できるかできないかが、大きな分かれ目といえます。定期検査をうけることは、膵臓癌にとって、とても有効な予防策です。

芸能人も多数利用、TVで紹介された人間ドック
『主治医が見つかる診療所』で紹介。半日コース、ホテル食事宿泊付プラン、レディースドックなども。
血液検査自宅で簡単にガン検査『血液検査キット』
厚生労働省から承認済。指先から少量の採血で、癌や生活習慣病、感染症などの検査が可能。
人間ドックなら横浜健保センター
およそ半日で検査結果が出て医師の面談まで終了するプランが人気。
人間ドックなら金内メディカルクリニック
脳ドック・日帰りドック・一泊ドック・生活習慣病健診など。東京都新宿区
HOME | 膵臓癌の症状と診断 | 膵臓癌の治療と後遺症 | 膵臓癌の再発と生存率

 

Copyright 膵臓癌の治療法や生存率について All rights reserved.

privacy