膵臓癌の再発

膵臓癌(すい臓がん)は、癌の中でも再発性が高い病気とされています。 癌は早期に発見できないと、最悪の場合は治すことができなくなります。 癌は末期の病状になると、転移してしまうからです。

芸能人も多数利用、TVで紹介された人間ドック
『主治医が見つかる診療所』で紹介。半日コース、ホテル食事宿泊付プラン、レディースドックなども。
血液検査自宅で簡単にガン検査『血液検査キット』
厚生労働省から承認済。指先から少量の採血で、癌や生活習慣病、感染症などの検査が可能。
人間ドックなら横浜健保センター
およそ半日で検査結果が出て医師の面談まで終了するプランが人気。
人間ドックなら金内メディカルクリニック
脳ドック・日帰りドック・一泊ドック・生活習慣病健診など。東京都新宿区

膵臓癌の再発(つづき)

転移とは、血管などを通じて癌細胞が移動してしまうことで、 手術による切除がとても困難な状態となります。 場合によっては、延命措置しかできない可能性があります。

残念なことに、膵臓癌は初期病状がほとんどありません。 そのため、早期発見がとても難しい癌とされています。 食欲不振や吐き気などの病状が現れた段階では、 すでに膵臓癌が進行している場合があります。

手術によって膵臓癌を切除できたとしても、 すでに癌細胞が転移している可能性があります。 癌細胞は膵臓の周囲の組織に細かく広がるため、 癌細胞の転移に担当医が気付けないこともあります。 また、膵臓のまわりはとても複雑になっており、 このことも病変を切除しきれない要因になります。

膵臓癌は再発の可能性がとても高い病気のため、 術後の経過観察がとても重要になってきます。 腫瘍マーカーを使用した血液検査が、再発の有無を調べるのに有効になります。

膵臓癌の再発を防ぐには、癌の初期で手術をすることが第一です。 膵臓癌の早期発見、早期治療には、定期的な検査が必要不可欠です。 膵臓癌の原因である喫煙、飲酒、また血縁に癌患者がいる人などは、 注意して診断を受けることが大切です。

膵臓癌イメージ

膵臓癌の生存率

癌の中でも治療が難しく、生存率が低いのが膵臓癌(すい臓がん)です。 膵臓癌での年間の死亡者は約2万人と言われています。

これは、膵臓癌が早期発見が難しいことにゆえんします。 膵臓癌は初期では症状がまったく現れません。 食欲不振やダルさ、吐き気や嘔吐など、体に異変が現れた時点では、 すでに癌が進行している可能性が高くなってきます。

早期発見、早期治療による膵臓癌手術では、 腫瘍をすべて切除することが可能です。 ですが、病状が進行した状態では、癌細胞がほかの臓器に転移している可能性もあり、 手術による完全な切除が難しくなってきます。

膵臓癌患者のうち、手術により切除が可能な割合は40%程度です。 残りの60%は放射線や点滴による化学治療が中心となってきます。

手術治療を施した場合の5年生存率(手術から5年経過後の生存確率)は、 約20%となっています。

癌の大きさで分けますと、2cm以下で5年生存率40%。 2〜4cmで14%。 4〜6cmで20%。 6cm以上では約10%となります。 膵臓癌の手術は大手術となるため、術死や術後在院死亡も多くなります。

放射線治療による2年生存率は10%前後になります。 平均生存月数は4〜12ヶ月と、決していい数字とは言えません。

抗がん剤による化学治療の生存期間は、平均して9ヵ月半です。 放射線治療と化学治療を組み合わせた場合では、 1年以上生存するケースもあります。

芸能人も多数利用、TVで紹介された人間ドック
『主治医が見つかる診療所』で紹介。半日コース、ホテル食事宿泊付プラン、レディースドックなども。
血液検査自宅で簡単にガン検査『血液検査キット』
厚生労働省から承認済。指先から少量の採血で、癌や生活習慣病、感染症などの検査が可能。
人間ドックなら横浜健保センター
およそ半日で検査結果が出て医師の面談まで終了するプランが人気。
人間ドックなら金内メディカルクリニック
脳ドック・日帰りドック・一泊ドック・生活習慣病健診など。東京都新宿区
HOME | 膵臓癌の症状と診断 | 膵臓癌の治療と後遺症 | 膵臓癌の再発と生存率

 

Copyright 膵臓癌の治療法や生存率について All rights reserved.

privacy